リスボンからファド黄金時代を知るギタリスタの訃報です。
12月26日にJosé Pracanaが亡くなりました。70歳でした。
José Pracanaはアソーレス諸島出身。ファド黄金期の末期である1960年代後半から21世紀まで、Casa do FadoだけでなくラジオやTVといったメディアでも広く活躍しました。
謹んで哀悼の意を表します。