ファド博物館などが主催しているベレン文化センター(CCB)の「HÁ FADO NO CAIS」、2019年1月からのラインアップが続々と発表されていますが、注目は2018年8月に亡くなったファディスタ、セレステ・ロドリゲスさんのトリビュートコンサートです。

詳細は以下の通りです。

2019-03-21(木)
Fado Celeste Tributo a Celeste Rodrigues
CCB, 大ホール, 21時
料金 6,00€ – 23,00€ | チケット購入サイト

出演:カティア・ゲレイロ、エルデル・モウティーニョ、ジョルジュ・フェルナンド、ガスパール・ヴァレーラ(セレステの曾孫)、ペドロ・デ・カストロ等

photo: ©João Tuna / TNSJ


これ以外の1月から3月までのCCBでのファドコンサートは以下の通りです。

2019-01-19(土)
Ana Sofia Varela
CCB, 小ホール, 21時
料金 12,50€ – 15,00€ | チケット購入サイト

出演者
José Manuel Neto – ポルトガルギター
João Filipe – ギター
Daniel Pinto – ベース

ゲスト
SAL
José Peixoto – ポルトガルギター
Fernando Júdice – ベース
Vicky Marques – パーカッション

—————————————————–

2019-02-15(金)
Katia Guerreiro
CCB, 大ホール, 21時
料金 6€ – 23€ | チケット購入サイト

Please follow and like us: