昔は、現地のファドの情報を知るには、本当に「行ってみる」しかなかったのですが、今はインターネットでコンサートやお店の情報を得ることができます。

とはいえ、常にアンテナを張りめぐらすのも中々大変なもの。
そこで、ファド関連のサイトからNews Letterをメールで受け取る設定にしておいて、情報があっちからやって来るようにしてみるのも一つの方法です。

今回は、リスボン市立ファド博物館のNews Letterをご紹介します。細かいお店情報なんかはさすがにないのですが、博物館内のコンサートや博物館主催・共催のコンサート/イベント、新しいアーティストの情報などをいち早く知ることができます。

ポルトガル語で書かれているのがネックでもあるのですが、最近のGoogle翻訳はかなり進化していて、それを使えば最低限の情報(場所、時間、料金、アーティスト情報など)は正確に受け取ることができます。

News Letter の購読登録ページはこちら。

News Letter subscribe

名前とメールアドレスのみが必須です。

さて、最近届いたニュースレターから、ひとつご案内します。

Concurso O Meu Fado Rádio Sim procura novos talentos
「Radio Simがファドのコンクール “Meu Fado”を開催。新しい才能の発掘」

あれ?このコンクール2年ほど前にここでご紹介した記憶が… 。今年で3回目となるそうです。
5月14日から毎週水曜日17時から、ファド博物館で行われ、座席数の範囲内で無料で観覧できるそうです。

観覧希望の方は、
comunicacao@museudofado.pt
まで、メールでお申し込みください、とのこと。

ポルトガルまで行けない!という方は、ネットでコンクールの様子を観る方法もあります。

Meu Fado / Rádio Sim

今は、1回目と2回目の優勝者のファディスタのパフォーマンスを流しています。

第1回目優勝者のMaura Airezさんの動画がありました。優勝当時は16歳だったそうです。
(動画は2年前のCaixa Alfamas出演時のものです。)

News Letter、いかがでしょうか? Google翻訳、Youtubeなども駆使して、どんどん奥深くファドの世界を漂ってみませんか?

Please follow and like us: